安全なパパ活におすすめの交際クラブ・デートクラブを解説するサイト|ヘッダー画像

交際クラブはパパ活から愛人契約まで様々な目的で利用されています。

交際クラブで出会った女性とパパ活や愛人として契約するのは簡単で、コンシェルジュに交渉を代行してもらうことが可能です。そもそも交際クラブはパパ活の一種?愛人との違いとは?新人パパに向けてパパ活業界の基礎知識をまとめました。

パパ活と愛人契約の違いとは|交際クラブの活用方法

 

愛人にプレゼントを渡す図

 

パパ活や愛人として契約したい時

 

交際クラブやデートクラブを通じた交際は、パパ活と愛人それぞれに共通点があります。
まずはパパ活と愛人の違いをご覧ください。

 

パパ活 愛人
男性 既婚・未婚問わず 既婚者
肉体関係 本来はなし 原則あり
継続性 単発・継続問わず 原則継続交際
お手当 必須 ありorなし

 

似ている部分や共通点がありますが、パパ活と愛人はどちらも別のカテゴリーに分類されていました。

 

愛人関係を再確認

 

愛人は名前の通り、愛情を注ぐ人という意味があり、基本的に継続して交際します。
本来は男性が愛情を注げる女性は1人だけで、正規のパートナーは恋人か妻です。

 

愛人は既婚者が妻とは別に肉体関係ありで継続的に交際することが定義です。
不倫と同義語に近く、一度きりではなく継続した交際をする不倫相手の女性を「愛人」と呼びます。
愛人にあたる女性側も男性に対して愛を持っている場合は「お手当」がなく、なかには本妻とは別居して愛人と同棲するケースも存在します。

 

パパ活との違いはない?

 

パパ活は「お手当」を払って食事デートだけするのが本来の定義でしたが、昨今は肉体関係ありのパパ活が当たり前になりました。
パパ活と愛人の違いは既婚者なのかと「お手当」の有無が重要で、どちらにも該当する交際事例がたくさんあります。

 

交際クラブ・デートクラブはパパ活の一種で、昨今はパパ活サロンなどのキャッチコピーを掲げる所が増えています。
決定的な違いはパパ活は専用マッチングアプリを使った出会い方が主流なのに対して、交際クラブ・デートクラブは来店してプロフィールリストから女の子を選び、コンシェルジュを通じて初回デートのセッティングをしてもらいます。

 

既婚者が愛人のように肉体関係ありで継続的に交際したい子を見つけることも可能です。
つまり、交際クラブ・デートクラブはパパ活か愛人契約が前提の出会い方です。

 

 

交渉・契約の流れ

 

交際クラブでかかる大量のお金のイメージ

 

交際クラブ・デートクラブは基本的に女性会員のランクとデート内容で「お手当」の相場が決まります。
入会金・年会費・セッティング料・お手当・デート代の実費を払えるのであれば、スムーズにパパ活や愛人として契約できるでしょう。

 

相場はコンシェルジュが教えてくれて、交際方法についてもコンシェルジュが仲介役になって女性会員に事前相談してもらうことが可能です。
すべてが直交渉のマッチングアプリとは違い、交際クラブ・デートクラブは交渉を全部コンシェルジュに任せられます。

 

交渉余地はある?

 

交際クラブ・デートクラブは「お手当」を相場より安くしてもらう値下げ交渉余地が少ないです。
基本的には相場通りの「お手当」を渡す必要があります。

 

ただし、相場が存在するのはデートの都度に払う「お手当」のみです。
月額の定額制で契約したい場合は女の子との交渉次第になります。
都度払いで交際を続けるより女性側のメリットが大きい条件であれば契約できる可能性が高いでしょう。
何度かデートを重ねて女性会員から好意を持たれた場合は、割安な「お手当」で交際できる可能性があります。

 

実際に定額制へ移行する方や旅行の誘いに応じる方がたくさんいるので、希望する条件があれば一度持ちかけてみてください。
直接交渉でも構いませんし、交際クラブ・デートクラブによっては何度かデートしている相手との条件交渉を代行してもらえる場合があります。

 

まずはコンシェルジュに相談することから始めてみてください。